インプラントとは「第二の永久歯」
生涯"噛む"ことを諦めない

虫歯や外傷などにより、歯の根まで失った場合、差し歯やブリッジ、インプラントで歯の機能を補完することが可能です。歯が欠損したまま放置すると土台となる歯槽骨部の衰退や、それに伴う周囲の歯の移動が歯並びを崩し、見た目や咀嚼(そしゃく)機能に著しい悪影響を与えてしまいます。これを防ぐためには、失った部分を補う処置が必要です。生涯「噛む」生活を続けていくために、早めに一度歯科医院のカウンセリングをおすすめします。

インプラント(歯科インプラント)とは、失われた歯根のかわりに使える人工歯根のこと。入れ歯やブリッジと違って骨にしっかり結びつくため、「第二の永久歯」として天然歯と遜色なく使えるのが最大の魅力です。

インプラントの主なメリット

失った歯を取り戻せる

他の健康な歯を守る効果もある

審美性が高い

噛む力が元通りになる

違和感が少ない

インプラントのデメリット(注意点)

自費治療になる

手術を伴う

健康状態によっては手術できない場合がある

術後は定期的なメンテナンスが必要

インプラントの仕組み

図はインプラント治療のおおまかな流れです。施術前にはCTで作製した3D映像を元に、綿密な診査と治療計画の策定を行い、インプラントガイドによる安全確実な埋設施術を実施。歯冠を取り付けて完了します。術後は定期的なメンテナンスを行う事で、永続的な使用が可能です。

1.前歯を欠損した例です。
(便宜上残った前歯の歯根部分も描いています)

2.人工歯根を埋設し、歯槽骨と一体化させます。

3.人工歯根が定着したら、アバットメントを装着します。

4.上部構造補綴物(歯の見える部分)を取り付けて完了です。

総入れ歯タイプのインプラント

オールーンフォー、オールオンシックスと言われるものです。必要最小限のインプラント体で総入れ歯を固定します。この場合アパットメントにマグネットを使用し、図の例では4箇所へのインプラント体の埋設で脱着の容易な総入れ歯の固定を実現しています。 (日本人の骨は欧米人と比較して薄いため、4箇所の埋設では支えきれない場合が多くありますので、そのような場合当院では6箇所埋設をお勧めしています)
総入れ歯の数カ所をマグネットタイプのインプラントで固定します。

インプラントタイプは通常の総入れ歯より器具を小さくできるため、口腔内が広く快適です。しっかり固定されるので噛み心地と安心感が違います。

当院のインプラント治療の特徴

インプラント+TRIOS

当院では歯科用CTと3Dスキャナー「TRIOS」を併用することで、術前の精密な診査を可能としています。従来の経験による手術ではなく、最先端のインプラントガイドを使用したインプラント体埋設システムにより、短期間で仕上げる、安心・安全・確実な治療法を取り入れています。また施術当日に精密な仮歯まで入れる1DAYimplant治療も可能です。(症例によりますが総入れ歯も可能)

専門医との医療連携

当院は歯科口腔外科として必要な設備の他、完全個室になるオペ室や無影灯、ウォーターラインの除菌システム、高性能滅菌システムなど、安心安全な衛生環境を実現して、外科手術のリスクを最小限に抑えています。更に麻酔科医や各種専門医、実績のある技工所とのチーム医療を構築し、万全の体制で取り組んでおります。

インプラントの治療費について

当院の治療には実績があるインプラント体を使用し、ガイドシステムで安全に埋設しています。おおよその費用は、一歯33〜45万円となります。手術の難易度、埋め入れ本数等により必要な費用は変わりますので、詳しくは患部の状態を見てお見積もりいたします。

インプラントについて、よくいただくご質問

  1. インプラントの手術は、痛くないのでしょうか?
    皆様が思っているほど怖くも痛くもありません。
    当院ではCTによる精密な診査で太い血管の位置や骨の厚みを事前に考慮するほか、ガイドを作製して手術を行うため安全です。当然麻酔を使用しますので痛みの面でもご安心ください。80歳の方も治療を受けていただいていますし、実際に多くの年配の方々がインプラント治療により新しい歯を取り戻されており、大変喜んでいただいております。
  2. だれでもインプラント治療を受けられますか?
    高度な全身疾患や妊娠中の方、あごの骨が極度に減退してしまった方など、特別な場合を除いて、年齢に関係なく治療を受けることができます。

    【治療は可能ですが、注意が必要な方】
    ・喫煙者:Peter,Moyらの調査によるとインプラト患者540人を対象に調査集計した結果、非喫煙者に比べ喫煙者にインプラント治療の失敗が多い。
    ・口腔内の清掃状態の悪い方:Niklaus P,Langらによると、インプラント治療10年経過の患者調査において、もともと歯周炎だった患者の方が健康な人よりも経過が悪い。
    ・糖尿病の方:生活習慣の改善や病気のコントロールが良好なら可能。
  3. インプラント治療は高い?
    機能性や審美性に優れ、価値のある治療です。たしかに額面だけを見て高額な印象を持つ方も多いと思いますが、本来人が健康に噛むためには28本(24本)の歯が必要であり、それぞれの歯が自分のすべき仕事をきちんとこなしてはじめて十分に噛むことができます。
    ですから患者さんごとに、その人のかみわせを回復するためには何本のインプラント体や歯が必要なのかと考えます(1口腔単位といいます)。そのためできるだけ1本2本の歯を失った早い時点で治療を検討されることをお勧めします。
  4. インプラントを骨に入れて体に影響はありませんか?
    体に悪影響を与えにくい材料で作られています。
    インプラントに使用する材料は人工関節やペースメーカーなどにも使われており、体に悪影響を与えない生体材料です。
  5. インプラントは従来の方法と何が違うのですか?
    天然歯と同様に歯槽骨で支持されるため。ご自身の歯のような噛み心地が特長です。
    従来の入れ歯は床や留め金が必要でしたがインプラントはそれらは必要なく、歯槽骨への固定式になります。生まれ持ったご自身の歯と同じ仕組みで歯冠をささえるため、自然で安定した咀嚼が可能です。
  6. 歯を抜いてから長期間たってますが大丈夫ですか?
    お口の状態にもよりますが、もし、合わない入れ歯を長期間使用したことなどにより骨が衰退していても、多くの場合骨の再生など必要な処置を行ってから、インプラントを設置することが可能です。
  7. 人間ドッグなどでCTやMRIに影響はありませんか?
    特に影響は報告されていません。
  8. 歯茎との境目など見た目の仕上がりはどのようになりますか?
    自分の歯のような仕上がりになります。
    基本的には金属部分などはきれいに隠れて自分の歯と見分けがつきませんが、骨が少ない場合や土手がない場合は歯が長く見えることがあります。
  9. インプラントはどのような人に向いていますか?
    歯を無くした多くの方におすすめできる治療です。特に次のようなご不満をお持ちの方には効果的です。
    ・入れ歯が嫌い
    ・見た目が気になる
    ・入れ歯が話しづらい、電話で話が伝わらない
    ・口の中に何かがあるだけでストレスになる
    ・着脱や手入れが面倒に感じる
    ・入れ歯が合わず、外れやすい
  10. 治療期間中、見た目に支障はないですか?
    ご希望に合わせて見た目に配慮した治療計画が可能です。仮歯や入れ歯を使用して機能面も補いながら治療をすすめます。
  11. インプラントは磨かなくてもいいですか?
    通常のお手入れ(歯磨き)と定期的なメンテナンスが必要です。
  12. インプラントを入れたら、もう歯医者に行かなくていいですか?
    定期健診でメンテナンスを必ず受けましょう。
    変化の多い口腔環境を適切に保つことで、インプラントは永続的に使用できます。

当院のインプラントについて

PAGE TOP