ムーシールドは受け口の治療器具

ムーシールドは受け口(反対咬合)を改善する装置です。(受け口とは下の前歯が上の前歯より前に出ている噛み合わせのことです)
主に就寝時に専用マウスピースをつけることで、舌や口腔周囲筋の状態を整え、反対咬合を改善します。
3歳から可能で、特に乳歯列期に治療を行うと、正常な顎骨の成長発育を促すことができるため、正しい永久歯の成長も期待できます。
咬み合わせが逆のまま成長すると、下顎の骨が過成長しやすい状態が続き、結果取り返しのつかないほど大きくしてしまう事もあるため、本人の負担軽減のためにも咬み合わせは早期に治しましょう。
[ ポイント ]
歯を抜かない矯正です

主に就寝時マウスピースを付け、反対咬合を矯正します

痛みはほとんどありません

マウスピース型なので、取り外しが自由にできます

ムーシールドのメリット

歯を抜いたり外科治療を行わない。

費用が安い。

食事時や人前に出るときに器具を外せる。

ムーシールドのデメリット

成長によっては戻ってしまうことがある。

舌や口の周りのトレーニングが治療に強く影響する。

受け口(反対咬合)にしか効果がない。

効果が出やすい時期が限られている。

ムーシールドの施術適齢期はいつごろ?

乳歯が全て生え揃う3歳くらいから治療を行えます。
幼児期に受け口の場合、よく成長の過程で自然に治る可能性もあるので様子を見ましょう、となる場合がありますが、3才児で受け口と診断されたあとにそのまま放置して治る確率は6.4%程という報告もあり、自然には治らない事がほとんどです。そのため反対咬合の兆候が見られる場合、当院ではムーシールドを使用した受け口の早期改善をすすめております。

具体的には何をするの?

専用マウスピースを主に就寝時に装着する自宅治療と、月1回の診察が主な治療です。

そもそも小児期の受け口は
 ・上唇の力が強く、上顎の成長が悪い。
 ・下唇の力が弱い。
 ・舌が下の方にあるため唾を飲み込むたびに下顎を前に押してしまう。
 ・噛み合わせがうまくいっていない。

など、顔の筋肉や舌、唇の力のつりあいの不調和が原因であることが多いのです。

ムーシールドは、歯の位置を矯正するというより
 ・咬み合わせの改善。
 ・舌圧と口唇圧のバランスの改善。
 ・舌を正常な位置(何もしていない時に上顎に軽く触れる位置が正常)に保つ。

などを目的としています。

つまり、「歯並びを整える」のではなく、「子供の顎の成長を利用して、舌の位置や顎のバランスを整える事で、歯の咬み合わせを正常位置に導く」という矯正なのです。

ムーシールドは必ず治る?

実績のある治療ですので、一定以上の効果は見込めます。ただ、反対咬合に対し万全の治療という事ではなく、他の矯正装置との併用が必要なケースもあります。
また、一度治療が完了しても、大人に向けて成長が進むなかで、再治療を必要とするケースもありますので、終了後の異変の早期発見のためにも定期的な検診をおすすめしています。
女の子は15〜16歳、男の子は17〜18歳の頃まで骨格が成長するため、成長期が終わるまでは定期検診を続けることが理想となります。

ムーシールドの矯正期間について

治療期間の目安は約1年ですが、主役の患者さん(お子様)にきちんと装置を入れてもらえない場合、期間は長くなってしまいます。 期間中は1ヶ月に一度程度、経過観察と調整のためご来院いただいております。

ムーシールドの費用の目安は?

専用のマウスピース代が5万円です。
※診察代込み。別途定期検診代として3千円/月程度の調整代がかかります。

ムーシールドのまとめ

・ムーシールドは専用マウスピースで反対咬合を矯正する治療
・症状により、他の矯正と併用する事もある
・正しい成長を促す効果があるため、早期導入がおすすめ
・治療後の退行を防ぐため、経過観察(定期検診)がおすすめ

PAGE TOP