一般歯科:虫歯、歯、歯茎が痛い時

一度悪くなった歯は、二度と元には戻りません。
歯は虫歯ができると、削って、詰めて治します。ただ、どんなにうまく治療をしても、削った部分は元の歯と比べて弱く、詰め物が欠けたりした際に同じ歯がまた虫歯になってまた削るなどを繰り返す事で最終的には歯を失う事につながります。初期の虫歯は削らず、キシリトールガムやフッ素で歯の再石灰化を促して治す事もできますが、進行した虫歯はどうしても削らなければなりません。
すずき歯科クリニックでは、「虫歯にならないための予防歯科」として、PMTC(衛生士が専用器具で行う口腔ケア)や歯磨き指導などにも力を入れています。
また、虫歯菌の検査を行うことで虫歯リスクを把握し、一人一人に合ったメンテナンスを提供。高齢になっても自分の歯で噛んでいただくために、新たな虫歯を作らない方法を提案します。
当院では初診カウンセリングを実施しています。
痛みの少ない麻酔注射器と麻酔ジェルの併用を併用したり、痛みの出にくい切削機を導入するなど、患者様の負担軽減を常に考えて運営していますので、ご不明な点やお悩みがあれば、納得のいくまでお話ください。

一般歯科とは

一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔外科といった特殊な歯の治療以外の、 虫歯や歯周病、知覚過敏などの治療や予防、さし歯や入れ歯など、歯と口に関する治療全般、 義歯の作成など、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。
その治療の多くが保険の範囲内で行われることが多いため、保険診療=一般歯科とされることもあります。
保険制度には制約がありますので、使用できる材料も限られています。安く治療できるすばらしい制度ではありますが、長期間体の一部となる補轍物が金属になるため、常にアレルギーリスクにさらされる事になります。まずは虫歯をつくらない事が大切ですので、当院のPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)で虫歯リスクを下げましょう。

虫歯とは

虫歯とは虫歯菌(ミュータンス菌)が出す酸によって歯の組織が崩壊する感染症です。食生活が大きく関与するため、生活習慣病であるとも考えられています。 例えば、食事をするとプラーク(歯垢)が付きます。プラークの中に「砂糖」があると細菌の栄養素となり細菌から酸がたくさん出ます。その酸が歯を溶かしてしまうのです。
歯ブラシやフロス清掃の徹底と、砂糖の摂取を控える事がむし歯予防になります。また、定期的な歯科医院でのクリーニングやフッ素塗布、フッ素入り歯磨き粉の使用で歯を強くする事も有効です。初期の虫歯はフッ素やキシリトールの効果で再石灰化を促して改善することも可能ですが、エナメル質が突破されると虫歯の進行が早くなるため、定期検診等で早期発見する事も大事です。
虫歯が歯髄まで到達すると、歯髄を取り除く「根管治療」が必要になり、期間と費用が多くかかる他、将来的にも歯の喪失リスクが格段に上がってしまいます。 気をつけたいのが歯間から進行する虫歯で、痛みがないケースもあり、気づいた時には歯髄まで到達していることも。フロスや歯間ブラシでの清掃もこまめに行いましょう。

虫歯の進行度の目安

  
進行度 状態 症状 治療法
正常 正常な歯  
C0 変色する。痛みはない。 歯ミガキ・フッ素塗布・キシリトールガム
C1 少し水がしみる程度 レジン充填
C2 冷たいものを食べるときなどに痛みがある。 詰め物
C3 何もしていなくても激しく痛む 被せ物・差し歯
C4 臭いや膿、顔が腫れる。
(神経が死んで、痛みを感じない)
抜歯
インプラント/ブリッジ/部分入れ歯 など

むし歯リスク診断、歯周病リスク診断

唾液検査をすることにより、お口の中の虫歯菌の量や虫歯への抵抗力など口腔環境の虫歯リスクを把握、管理することも大切です。
唾液には、粘膜を保護する作用があるほか、酸性に傾いた口腔内を正常なpHに戻したり、歯の再石灰化を促進する性質があります。

歯周病とは

歯を磨くときに血が出る、歯ぐきが腫れて痛いなどの症状がある場合、歯周病を疑いましょう。
実は発症予備軍も含めると驚く程たくさんの人が歯周病といえる状態にあります。
流血や痛みがなくても歯の生え際だけ白っぽい、ぶよぶよしている、口臭が気になる、などの症状があれば歯周病の可能性が考えられます。

歯周病の治療

歯周病には原因があり、それを取り除く事が治療の第一歩となります。
若い頃と同じように過ごしていても免疫力は低下していくため「いつの間にか歯茎から血が出るようになった」というケースは多く、歯科医院での適切な治療以外にも普段の口腔ケアの見直しが必要です。歯周病を放置すると最終的に歯を失う事につながるだけではなく、全身の様々な不調や病気の一因とする報告もありますので、完治を目指して根気よく治療を進めましょう。
多くの場合、歯石が病原菌の巣窟となっているため、特に歯周ポケットの深い部分のクリーニングを行いますが、重度の場合外科的な処置が必要なケースもあります。
治療が終わってもご自身の口腔ケアが改善されない場合再発の可能性が高くなりますので、定期的に歯科医院で確認しましょう。

歯の欠損

虫歯や歯周病、事故などで歯を欠損した場合、差し歯やブリッジ、インプラントなどで歯を補完することが可能です。
放置してしまうと、歯の土台となる歯槽骨部の衰退や、それに伴う周囲の歯の移動が歯並びを崩し、見た目や咀嚼(そしゃく)機能に著しい悪影響を与えます。一本の歯を治す事は、他の20本以上の歯を守る事につながります。歯は毎日使用する、健康的な日々に欠かせないものですので、一本くらいと考えずに、納得できる治療を検討しましょう。
インプラントについて

口臭について

気になる口臭。口臭の原因は一つではありません。ご自身では気づかないケースも多く、ご家族やパートナーの指摘により来院される方も多くいらっしゃいます。口臭の有無や原因を特定し、それに合った対策をとりましょう。

知覚過敏症

知覚過敏症では、象牙質が露出し刺激が象牙細管(象牙質の中を放射状に走る管)を通じて歯髄(歯の神経)に伝わるため、「冷たいものなどがしみる」という症状があらわれます。
原因としては、強すぎる歯ブラシや強い咬み合わせの力によるエナメル質のはがれがあります。象牙質が露出すると歯の神経に刺激を加えやすい状態となり、刺激に対して過敏となります。程度の差はありますが、通常問題のない程度の刺激に反応する事を「知覚過敏」といいます。

知覚過敏症の治療

治療法としては、知覚過敏用の塗り薬で象牙細管を封鎖する方法や、 コーティング材で象牙質を覆う事で知覚過敏の症状を改善します。
また、普段の歯磨きで知覚過敏の症状を防ぐ歯磨剤などを使用する事も症状緩和には一定の効果を得られるでしょう。

PAGE TOP